各種体験を紹介

さんま大祭

東日本大震災発生から7年が経ち、被災地域では復興に向けてさまざまな取り組みが行われております。昨今では、地球温暖化が原因と思われる異常気象により、全国各地で大規模な災害が毎年のように発生しております。そうした状況の中、私たちも日頃から災害について認識し、その備えに対する注意を喚起していかねばならないと考えております。
さて、本年も「さんま大祭」を企画し、被災地に対しての継続的な支援を行います。今年度も大雄山最乗寺の全面的なご協力をいただき、イベント会場として境内の利用をおゆるしいただき、さらに、祈祷もおこなって頂けます。本イベントを成功させ、継続的に実施していくことが被災地への援助となると共に県西地域の原動力にもなることを私たちは確信しております。今年は、南足柄市商工会、山北町商工会、真鶴町商工会の協力において開催致します。また、さんま仕入れ費用を南足柄市社会福祉協議会、山北町社会福祉協議会、真鶴町社会福祉協議会から県の共同募金の取り組みとして協賛いただいております。

■「さんま大祭」は記載の各イベントの中で開催されます。
■さんまは、寄附をいただいた方に無料でご提供します。
■募金は会場でもお受け致します。
■当日の募金により得た収益金全額を、被災地の復旧・復興に役立てるための義援金とさせて頂きます。
■「さんま大祭」はさんまの数に限りがありますので、なくなり次第終了となります。

■南足柄(最乗寺・岩原八幡神社)サイトではさんま大祭うちわを500円で購入して頂いた方にさんま1尾をご提供致します。

■その収益金を義援金と致ます。(事前に購入していただいた方は必ず会場にお持ち下さい。引替に、さんま1尾をご提供致します)